生活のための各種手続き(i-cardとNet ID)

Campus ID Cardの取得

イリノイ大学のIDカードは「i-card」の愛称でよばれており、日本でいう学生証/職員証にあたります。しかし、生年月日や住所が記載されず身分証明能力に乏しいため、アルコールやタバコの購入、空港でのチェックインなどの際の身分証明には使えません。このような場合は、イリノイ州の運転免許証もしくは ID カード、またはパスポートを持っていきます。

また、図書館やIllini Unionなどの所定の機械でお金をチャージして、学内にあるコピー機でプリペイドカードのようにして使えるほか、市内バス乗車の際、定期券のように見せると乗車できます(バス代は授業料と同時に別途徴収)。詳しくは交通機関のページをご参照下さい。

学生の場合
下記の書類をIllini Union Bookstore(Daniel St. & Wright St. の角)の2階に持っていきます。受付でCampus ID Card申請書にSSN、住所、電話を記載し(すべてtemporaryなものでかまいません)、写真を撮ってもらって15分ほどで発行してもらえます。

  1. パスポート
  2. Letter of Admission
    Office of Admissions and Recordsから送られてくる正式な合格通知
  3. PermanentまたはTemporary Social Security Number
    Temporary SSNはLetter of Admissionの一番下に小さく記載される、000から始まる全部で9桁の数字です。(なお、2004年時点ではTemporary SSNの発行は行われず、各学部オフィス等でTemporary control numberを発行してもらう必要がありました。この手続きに関しては変更されることもあると思われますので、各自最新情報をチェックしてくださるようお願いいたします)。
職員の場合
所属学科のHuman Resouces Office経由でSSN(permanent)の取得申請を行い、SSNの発行を受けた後、学生の場合と同様にCampus ID Card申請書に記入して、Illini Union Bookstore の2階で発行してもらいます。

 

Net IDの取得

「Net ID」は、大学内専用のウェブサイトへアクセスする時などに必要になりますし、大学から提供されるメールアカウントとホームページのアドレスにも使われます。時差ぼけで登録パスワードを忘れないようにしましょう。メールやウェブスペースの使い方についてはCampus Information Technology and Educational Services (CITES)のウェブサイトをご参照下さい。

学生の場合
CITESからNetIDとパスワードを記載した書類が発行されます。特別な手続きは必要ありません。大学院生(MBA等含む)の場合は、各学部のオフィスを通じて、またはオリエンテーション時に受け取るケースが多いようです。受け取ることができなかった際はCITESヘルプデスクに問い合わせます。
職員の場合
学科のHuman Resouces Officeの端末で、担当者の指示に従いながら自分の情報をNet-driven Employee Self-Service and Information Environment(NESSIE)に登録します。登録後、メールはすぐに使えるようになります。